2020.9
 

 


File number 043

過去からのタイムトラベラー
セルゲイ・ポノマレンコの検証

セルゲイ・ポノマレンコを有名にしたのは、ウクライナのテレビ局「1 + 1」のテレビ番組「Time Travel」というドキュメンタリーだった。
内容についてはファイルナンバー041「過去からのタイムトラベラー セルゲイ・ポノマレンコの物語」を参照。

セルゲイ・ポノマレンコの物語は、精神科医パヴェル・クルティコフ博士によって語られているが、さまざまなメディアでの話は多少の違いがある。
例えば、ポノマレンコの姓がパラマレンコに変更されていたり、FEDカメラが日本製Yashimaflexになっていたりするが話の筋はあまり変更されていない。
1978年46歳の時、セルゲイは交通事故で死亡したというストーリーもあるが、彼のガールフレンドのヴァレンチナ・クリチによると、セルゲイ失踪(1978)後「彼は死んだ」と宣告されている。

4月23日クルティコフ博士との会話で、セルゲイは「私の名前はセルゲイ・ポノマレンコです。私は1932年6月17日にキエフ市で生まれました。」と語っているが、コムソモールチケットには1932年3月生まれと記入されている。


■検証 1 ビデオ録画に記録された日付

2006年4月23日の診療所のカメラ1のビデオ録画はWED(水曜日)表示になっているが、実際は日曜日。

姿を消した26日はFRI(金曜日)だ!実際の2006年4月26日は水曜日。
23日からのながれだとSAT(土曜日)と表示されるはず・・・この曜日のずれ(実際の曜日との違いも含む)は、時間移動したセルゲイの影響なのだろうか?
さらに、26日のクルティコフ博士との録画は、2006年4月25日の10:39を示している。

博士のオフィスから出た待合室のビデオ録画は2006年4月26日なのだ・・・

とても25日の10時39分から26日の17時23分まで部屋にいたとは考えられない。

■検証 2 50年近く保管されていたテープ。

国立公文書館に50年近く保管されていたラジオ番組のテープは、劣化することもなくクリーンに聞こえる。

■検証 3 未来から送られて来た写真。

未来のセルゲイからガールフレンドのヴァレンチナ・クリチに送られて来た、未来のキエフの前に立つ写真と、1978年失踪当時の手配書の写真を比べてほしい・・・・・。

風でめくれた襟、頭の髪はきれいに切り抜いているが同じ写真を使っている。
背景の建物は上海かニューヨークの建物の合成という意見もある。
さらに、コピー、ペーストされた建物がみえる。 サイズを除いて、それらは完全に同一だ。

これらの証拠からタイムトラベラー/セルゲイ・ポノマレンコの物語は事実でない事になる。


・・・・・この 「Time Travel」というテレビ番組は、ドキュメンタリーふうに作られた娯楽番組だったのだろうか??