2015.3
 

 


File number027

1937年(昭和12年)2月4日、外務省に「日本・東京・日本領事館」という宛名書きの手紙が届いた。
差出人は米国探偵家秘密情報員、アメリカ・コネティカット州サウシントン局の消印があった・・・

さて、その怪しい手紙の中身は、「海賊キャプテン・キッドが1700年ごろに描き残した地図は、日本の南西諸島のどこかの島と思われる。
ここには、1億ドル以上の金貨・宝石類が隠されているので、日本政府で探されたらいかが。

もし成功したら応分の謝礼をいただく」というもので、 前年秋発行の「MODERN MECHANIX」という雑誌に掲載された島の地図の複写が入っていた。

いち早く新聞記者がかぎつけ、翌日の各紙がこれを大々的に報道された。
新聞には、「宝島」という見出しはあるものの、それがトカラ列島の宝島であるとは書かれてなく、誰かが宝島に似ていることに気がつき、うわさが次第に広まった。

↑昭和12年2月5日の新聞/左、東京日日新聞(現・毎日) 右、読売新聞

 

しかし、日中戦争勃発、軍国主義的統制が加速する中、誰も宝探しに行く人はいなかった。
昭和12〜3年ごろ、宝島に外国人がやってきたという話が伝えられている。
終戦の翌年には沖縄からヘリコプターで海賊キッドの宝探しにアメリカ人がやって来たが、手がかりもなく2日であきらめて帰って行ったこらしい。

2006年8月、24時間テレビ「愛は地球を救う」で海賊キッドの宝探しを生中継したが、地図に基づき綿密な調査、発掘を朝から夕方まで続けたが宝らしいものは何も見つからないまま終ってしまった。

イマキラ岳

■宝島と酷似する宝の地図
東経 129度13分/北緯 29度09分、島の中央を南北に走る山脈、東海岸に発達したサンゴ礁 、砂丘、ビロウ(ヤシ科の植物)の群生地、西海岸にあるサンゴ礁の浅い海など地形が酷似しているがキッドの残した地図には、島の名前は書かれてない。

■キャプテン・キッドの財宝は本当にあるのだろうか?
ウィリアム・キッドは、1645年スコットランド西部で生まれた。
ニューヨーク州に移住し、その地で結婚し、当時横行していた海賊船を取り締まる私掠船の職につく。
しかし、私掠船としての収入は割に合わず、海賊船を捕らえなければ乗組員に給料を払うこともできなかった。
やがて航海が進むにつれフランス船と海賊船のみの略奪許可しかおりていないのに、海賊船ではない船からでも略奪するようになり、 海賊船を取り締まる私掠船が海賊同然になってしまった。

William Kidd

1697年、キッドは船員との喧嘩で船員を殺害してしまう。これを期に海賊として海に乗り出すことを決める。1698年、東インド会社の商船のクェダ・マーチャント号襲い、おたずね者になった。

翌年、ニューヨークに帰り着くとその場で拘束され、ストーン刑務所に留置された。その後イギリスに護送され、1701年5月23日にロンドンで絞首刑にされる。
エドガー・アラン・ポーの『黄金虫』、ロバート・ルイス・スチーブンソンの『宝島』を代表に多くの作家がその財宝を題材とした小説を執筆している。

キッドが実際に海賊行為を働いたのは、1697年から1699年頃でこの短い期間に遠く離れた東シナ海で海賊行為を働く事ができたのだろうか?


1936年発行のMODERN MECHANIX