2017.4
 

 


File number019

-OK牧場の決闘-
決闘場所はOK牧場ではなかった

ワイアット・アープとドク・ホリデイを描いた「OK牧場の決闘」をテーマに、脚色され伝説化した物語は映画やTVドラマになった、なかでもジョン・フォード監督の「荒野の決闘」は名作として有名だ。

「荒野の決闘」(My Darling Clementine)は、スチュアート・N・レイクがワイアット・アープ本人からの聞き書きを基にした、『ワイアット・アープ フロンティア・マーシャル』を原作としている。
ワイアット・アープ死後、17年経った1946年に制作された。

監 督 ジョン・フォード
脚 本 ウィンストン・ミラー/サミュエル・G・エンゲル
原 作 スチュアート・N・レイク 『WYATT EARP FRONTIER MARSHAL』
出演者 ヘンリー・フォンダ/リンダ・ダーネル

1800年代のトゥームストーン

1881年10月26日。
日陰に雪が残る寒い日の午後、アリゾナ州トゥームストーンのO.K.コラル近くのC. S. フライズ写真館西隣の空き地で市保安官たちと、クラントン兄弟をはじめとするカウボーイズの銃撃戦は起こった。

これは正式な意味での決闘ではなく、表面的には市保安官が銃所持者を武装解除しようとした際に発生した銃撃戦と言える。
これが世に知られる「OK牧場の決闘」だ。

※コラルとは、馬を繋いでおく、塀で囲った場所。

現在のOKコラルでは、人形を立たせて、当時の決闘を再現している。

●アープ兄弟
(ヴァージル・アープ、ワイアット・アープ、モーガン・アープ)

1872年、ワイアット・アープは弟のモーガン・アープとイリノイ州ペオリアで売春宿を経営、客引きをしていた。
その後、1875年にカンザス州ウィチタの保安官事務所に勤務。
1876年にカンサス州、ダッジシティの保安官補に任命されたが、1879年9月にやり方の荒っぽさからダッジシティを追放された。
ワイアットは弟のモーガン家族と共に、兄ヴァージル・アープの住むアリゾナ州のトゥームストーンに移り住み、農業のかたわら賭博場の胴元になった。
1879年11月、兄のヴァージル・アープがトゥームストーンの連邦保安官に就任し、1年後にツームストーンの町の保安官も兼任。
ヴァージルは弟二人を保安官補に任命した。

ヴァージル・アープ ワイアット・アープ モーガン・アープ

●ドク・ホリデイ
裕福な家に生まれたドク・ホリデイは肺結核にかかり、結核をできるだけ悪化させないようにジョージア州から乾燥した西部へ移住。
(正式名 ジョン・ヘンリー・ホリデイ歯学博士の称号を持っていたため、"ドク"と呼ばれた)
ドクがワイアットとはじめて会ったのは1877年の初秋、フォート・グリフィンだった。
翌年ダッジ・シティでワイアットと再会この頃ドクは、早撃ちではワイルド・ビル・ヒッコックに勝るとも劣らないと言われていた。
早撃ちをする為に、銃の照準や角などを削り落とし、引き金をトリガーガード(安全金)に縛り付けていた事で有名。
1881年、サンペドロ谷の銀鉱で賑わうトゥームストーンにドクも来ていた。

ドク・ホリデイ

※『風と共に去りぬ』を書いたマーガレット・ミッチェルは、ドクの従妹に当たる。
その小説の中でスカーレットが恋焦がれるアシュレイ・ウイルクスはドクがモデルだと言われている。

●やがてOK牧場の決闘へ
1880年の夏、陸軍のラバが6頭が盗まれた。
捜索を依頼されたバージルはワイアットと共にマックラウリー牧場が怪しいと突き止める。
しかしマックラウリー兄弟が捜査を拒否したため、ラバは見つからなかった。
これを境に アープ兄弟とマックラウリー兄弟の対立の溝は深まった。
この事件の1年半後にOK牧場の決闘がおきた。

決闘前日の1881年10月25日。
アイク・クラントンとトム・マックラウリーはツームストーンの町に馬車で買い物に来た。
その晩、アイク・クラントンは、ドク・ホリデイと酒場で激しい口論になった(アイクは町の条例で、拳銃は預けて丸腰だった)。
ドクはアイク・クラントに対し、7月にアリゾナ州ベンソンでおきた駅馬車強盗の容疑者とされたことを根もっていた。
ヴァージル・アープがその場を収めた。

アイク・クラントン ビリー・クラントン

※ビリー・クラントンは、当時19歳。
誰からも好かれる明るい性格で、酔って暴れる兄のアイクを牧場へ連れて帰っていたといわれている。

フランク・マックラウリー トム・マックラウリー

※マックラウリー兄弟の牧場はクラントン牧場のすぐ近くにあり、クラントン一家と仕事の上で親交があったが、暴力事件を起こしたり法に触れたことはなかった。
OK牧場の決闘の日、現場に居合わせ不運にも命を落とす事になる。

アイク・クラントンは酒場をはしごし、酔っぱらって「アープ兄弟とドク・ホリデイを殺してやる」と息巻いていた。
翌26日の朝、トム・マックラウリーは泥酔したアイクを連れて、馬車の預けてある町の入口に戻り馬車と銃を受け取った。
一方、カウボーイ仲間が「アイクが暴れている」とクラントン牧場に伝えていた。
ビリー・クラントンは兄のアイクを連れ戻すため、フランク・マックラウリーを誘いツームストーンに向かった。
ビリーとフランクは町の通りでコーチス郡のシェリフ、ジョニー・ベーハン と出会う。
ジョニーはピストルを預けるよう説得したが、フランク・マックラウリーはアイクと弟のトムを連れてすぐに町を出るつもりだったので銃の引渡しを拒否。

フリモントストリートで「アープ兄弟とその仲間全員をぶっ殺してやる」と大声で叫んでいるアイク・クラントンをマックラウリー兄弟とビリー・クラントンが抑えようとしていたのを測量技師のH. F. シルスが目撃している。

バージルのもとに「C. S. フライズ写真館隣の空き地で、カウボーイズが銃を所持しているので、武装解除するべき」と市民から通報が入った。
バージルはドク・ホリデイを保安官に任命し、銃身を短く切り詰めた散弾銃をわたした。、

ワイアットとモーガンをさそい、4人で彼らの武装解除のためにフライズ写真館横の空き地に向かった。ワイアットとドクはこの機会にクラントン一家を始末するつもりだった。

アープ兄弟とドク・ホリデイは空き地30メート手前でシェリフのジョニー・ベーハンとすれ違った。
ジョニー・ベーハンは「カウボーイは今町を出るところだ」と告げるがアープ兄弟とドクの4人は、無視して通 り過ぎた。

ジョニー・ベーハン

※べーハンはアープとドクが「やっつけてしまおう」「やるしかない」と話しているのを耳にしている。

●それは写真館の隣の空き地で起きた

C. S. フライズ写真館の隣の空き地には、ビリー・クラントン、アイク・クラントン、フランク・マックラウリー、トム・マックラウリーと自称ガンマンという口だけのビリー・クライボーンの5人が集まり立ち話をしていた。

そこにアープ兄弟とドク・ホリデイが現れた。
「手をあげろ、銃をよこせ」とバージルが言った直後に、カウボーイズ側から劇鉄を起こす音が聞こえたとアープ側はのちの裁判で証言。

同時に2発の銃声が聞こえた。
アープ兄弟はビリー・クラントンとワイアット・アープが撃ったと主張、しかしアイク・クラントンはワイアットとドク・ホリデイが撃ったと異なる証言をしている。

近距離での撃ち合いでビリー・クラントンは胸に被弾し、弾を詰め替えているときに胃袋を撃たれ、三番通りに逃げる途中で息絶えた。
トム・マックラウリーはドク・ホリデイが撃った散弾銃を喰らいその場で即死。

フランク・マックラウリーは銃弾を受け馬を盾に隠れたが、通りに逃げる途中に息をひきとった。
丸腰だったアイク・クラントンは銃を持っていないことを示しながら、その場から逃げたが2ブロック先で逮捕された。
ビリー・クライボーンは太股を撃たれたが、駆けつけたジョニー・ベーハンに写真館に連れ込まれ危うく命を拾った。

わずか30秒の銃激戦でドク・ホリデイは腰に軽傷。
バージルはふくらはぎに、モーガンは肩に弾が当ったが、ワイアットはかすり傷一つおわなかった(不思議と生涯銃弾を受け負傷したことがなかった)。

決闘で死んだビリー・クラントン、マックラウリー兄弟

バージル・アープ(38歳)ワイアット・アープの兄/右太腿負傷
ワイアット・アープ(33歳) 無傷
モーガン・アープ (30歳)ワイアット・アープの弟/肩に負傷
ドク・ホリデイ(30歳)ワイアット・アープの友人/腰に軽傷

アイク・クラントン(34歳)決闘には不参加(逃走)
ビリー・クラントン(19歳)アイク・クラントンの弟/死亡
フランク・マックラウリー(33歳)アイク・クラントンの友人/死亡
トム・マックラウリー(28歳)フランク・マックラウリーの弟/死亡
ビリー・クライボーン(21歳)カウボーイズ仲間/太股負傷

今まで、銃撃戦などした事のない5人には不利な決闘だった。

●OK牧場の決闘後
決闘後、アープ組は殺人罪で起訴されたが全員無罪となった。
この判決を受け、カウボーイズはバージルとモーガンを闇討ち。

12月28日、バージルは腕を散弾銃で撃たれ切断。

1882年3月18日、弟モーガンは、ビリヤードホールでワイアットと玉 を突いているところを通りからライフルで背後を撃たれ死亡。
翌日、ワイアットはモーガンの遺体と兄ヴァージルの家族と弟モーガンの妻をカルフォルニアに避難させた。
その夜、ワイアット・アープはモーガン殺害の実行犯と見られたフランク・スティルウェルをツーソン駅構内で射殺。
22日にモーガン殺害の他の下手人、インディアン・チャーリーを撃ち殺し、その2日後の24日にカリー・ビルを・・・・、たまたまその場に一緒にいたカウボーイズのジョニー・バーンズが巻き添えを食ってが殺された。

ワイアット・アープとドク・ホリデイは殺人容疑を逃れてアリゾナからコロラドに逃走して一連の事件は終息する。

1882年の秋、ツームストーンに舞い戻ったビリー・クライボーンは、サロンでOK牧場でドク・ホリデイを撃ったなどとホラ話していたところ、ガンマンに腕前を見せてみろと決闘になり撃たれて死亡。

1887年6月1日、アイク・クラントンは、牛泥棒の罪で保安官に同行を求められ、抵抗したため撃ち殺された。

1887年11月8日、ドク・ホリデーは、持病の結核が悪化し36歳で亡くなるまでコロラドに住んだ。
1905年10月19日、バージル・アープは62歳のときネバダ州のゴールドフィールドでこの世を去った。

ワイアット・アープは三度目の妻とともにサンディエゴやアラスカに移り、最後はロス・アンジェルスに居を構えた。

1929年1月13日、ワイアット・アープ は80歳まで生き、ロサンゼルスの粗末なアパートで亡くなった。

晩年のワイアット・アープ

ワイアット・アープは晩年になって、ハリウッドの野外撮影所で西部劇の演技を指導する仕事に就いた。

ある日マリオン・モリソンという若いエキストラがワイアットに話しかけた、ワイアットはその青年を気に入った、その青年は後のジョン・ウェイン。

 マリオン・モリソン


のちにジョン・ウェインは役作りに関してワイアット・アープがヒントになったと話している。
鼻にかかった訛りや足を引き摺るような歩きは、頭の中でワイアットをイメージしていた。